カスタムバイクショップ MOTO-EXRIDE(モトエクスライド)
〒577-0016大阪府東大阪市長田西5ー4−3 TEL/FAX:06-4309-0095
営業時間10:00〜19:30 定休日:水曜日・第2第4日曜日・イベント/レース時
http://www.moto-exride.com/
カスタムバイクショップ MOTO-EXRIDEモトエクスライドモトエクスライド   
home works2005-2014 works2015- shop used bike  お問い合わせ online shop
Heist250 event2005-2010
event>1|234
 event1
スーパーモタードバイクを楽しもう
MOTO1エリア近畿シリーズ第2戦 猪名川サーキット 2006.4.2(日)
上り調子の山口選手と、マシンをKTM400EXC−Rにグレードアップした森高選手の
結果はいかに!
雨です。 車検スタート。
今回もまたもや雨でした。雨男が絶対にいる! とりあえず車検がスタート。
雨男と雨男。 車検も終わって、マシンの準備も終わり、練習走行前のひと時です。
今回の雨男は誰なのか?、熱く激論が交わされて間違いなく、、、、君だろうと決定しました。
KTM400EXC−R練習走行。 KTM400EXC−R練習走行2。
KTM400EXC−R 速い。 練習走行開始
はっ速い!、森高選手に何が起きたのか、このまま本当に表彰台に上がれるのか?。
後ろで見ていた山口選手、この時メラメラと闘志が燃え上がってきたようです。
談話中と作戦練り中。 練習走行後、モト2のトップレベルのライダー達と談笑の森高選手、そして作戦を考える山口選手、モタードは本当に、他カテゴリーのレースと比べ、選手どうしがフレンドリーだと思います。
KTM400EXC−R転倒。 そして予選開始。
やってしまいました、1コーナー進入でフロントからばっさりと転倒、まだ殆どタイムアタックしていない時点で、コース外にマシンを出してしまって予選終了です。
決勝では後方グリッドからのスタートが決定なので、スタートダッシュで前に出ないと上位入賞は厳しい状況となってしまいました。
YZ250F予選。  さすが、山口選手です予選で確実に走って、
決勝5番グリッド獲得、まだまだ決勝に向けて
余力がありそうです。
決勝スタート。 決勝1。
決勝スタート1コーナーで山口選手5位 スタート1週目第1ヘアピン山口選手5位(7位?)森高選手10位
決勝2 決勝3
そして決勝レース中盤3位に もう目の前に先頭の2台が!
山口選手が更に闘志を燃やしている事が、
気迫の走りで伝わってきます。
先頭2台に追いつきました。でも後続グループも。 YZR250F 2位ゴール。
ついに先頭2台をロックオン、が、その時に後続
グループも迫ってきています。
しかし1コーナーを抜けストレート後の、第1ヘアピンで山口選手がついに2位に、そしてそのままゴール!
YZR250F ウィリー。 おめでとう山口選手!
第1戦3位、第2戦2位ときたので、第3戦のホームコースでもある名阪は、1位と行きましょう!。森高選手も今回は、9位に終わってしまいましたが、かなりポテンシャルアップしてきているので、次回こそ目指せお立ち台!。
今回のレースは、雨にもかかわらず、とても見ごたえのある面白いレースでした。
次回第3戦名阪スポーツランドも、激戦のレースになること間違いなしだと思います。
興味のある方は、是非とも観戦される事をお薦めします。
第3戦名阪スポーツランドは5月7日です。
一番上へ
和歌山県白浜方面へツーリング 2006.3.26(日)
ツーリング写真2
ツーリング写真
店に集合は5台 店から近所のローソンで他メンバーと合流
阪和道の料金所で一息 三角木馬シートはキツイですね
今回は、K氏の友人の皆さんと合同の多種多様な20台でのツーリングとなりました。
モタードバイクでは高速道路がとても辛く、やはりワインディングが楽しいと、しみじみと感じた
ツーリングでした。
参加された皆さん、たいへんお疲れさまでした。
今後も月に一度のペースでツーリングを行いたいと思っています。参加してもいいかなと思われた方は、モトエクスライドにお問い合わせ下さい。
皆で楽しく走りましょう。
一番上へ
Moto1エリア近畿シリーズ大会第1戦 琵琶湖スポーツランド 2006.3.12(日)
朝の準備作業 写真 朝準備 タイヤ交換写真
レインコンディションで朝一からタイヤ交換です。 私もせっせとM君のタイヤ交換です。
準備完了写真 スタート直前写真
M君の準備も整いました。モト2です。 モト2出場のY君スタートです。
スタート1コーナー写真 スタート1コーナーyz写真
モト2スタート、1コーナーです。 同じく1コーナーです。
m2 k君走行写真 ダートコース写真
今回一緒に参加した34番DR-Z400のK君です。 ダートもこんな感じで、ドロドロ。
表彰式 写真
初レースで3位、流石です。Y君おめでとう。 残念ながら、10位に終わったM君。
一番上へ
 グライドライド&関西ドリフターズ 「爆笑練習会」
突然ですが出来るだけ大集合!(笑)
 琵琶湖SL  2006.2.26(日)  
この日は、天気予報がはずれる事なく朝から雨でした。私は、この時点でリタイヤ決定しました。
朝パドック モトエクスライドグループ3台
朝、ゲートオープン後、雨の中を皆さん準備中。 私たちのピットです、雨でテンション上がりません。
yz250ピット作業 タイヤ、グルービング
YZ250さんはやる気満々。早々にタイヤウォーマを装着。このやる気を見習わなくては!今年はMOTO2でガンガン行きそうな予感です。皆さん応援してあげてください。 レインタイヤではないので、グルーバーでせっせと溝を切ってます。 このM君、今年はエリア戦に全戦参加の予定で、モトエクスライドでサポートする事になりました。結果は随時レポートします。経験の無い彼がどこまで成長できるか楽しみです。
drzコースアウト drzハンドル修理
走行早々に、やっちゃいました。 タイヤウォーマーを使用してもカットスリックでは厳しいですね。 ハンドルが逝っちゃってます。これで終了では、あまりにももったいないので、なんとか修理しました。
drz復活走行 drz復活ストレート
ハンドル修理をして、更にタイヤをグルービング追加で随分とよくなったようです。 まだまだ雨は降り続けています。
yz250最終コーナー xr650最終コーナー
水溜りも、かなりの深さでしかもライン上です。   それでも快調に飛ばすYZ250のミスターY。     しかしタフです。一日中テンションを保ったままで、この雨なか飛ばしてました。 XR400RからXR650RにステップアップしたS君も、午前中はバイクの動きを確かめながら、着実に走行。 アクセル開けるとバイクが何処かに行ってしまいそうになるらいしい。やはりライン上の水溜りは、見ているこちらも怖い。
ファンライド ウィリー 1コーナードリフト
ファンライドクラスはとても楽しそうでした。      こんな感じで、ウィリーをメインストレートで練習してました。 流石に上級の本気の方達は凄まじい走りです。  この状況でドリフトしながら、更に水溜りをものともせずにコーナーリングしてます。
ミトマ選手最終コーナー 最終コーナー
ゼッケン1のミトマさん、やはり宇宙人です。     あのー雨が降ってるんですけどねー!、この人には関係ないのでしょうか?。  この中に混じって走れません。私は怖いです。
もっと練習しなければと思いました。
一番上へ
モタードバイクでツーリング 2006.1.29(日)
1月とは思えないほど暖かく良い天候に恵まれ、絶好のツーリング日和でした。
リッタースーパーバイク軍団に、モタードバイクが一緒にツーリングしたら、楽しくツーリング出来るのか、ついて行けるのか?、とても興味深いツーリングでした。
モトエクスライド DRZ400SM DR-Z400SMのM君、現在ノーマルで腕を磨いていて、今年はレースに参加予定で、とにかく元気な走りをします。 
モトエクスライド XR400R XR400Rのドリフト大好きS君、最近めきめきと腕をあげて、名阪スポーツランドでドリフトしまくっています。
ただ今回はRタイヤが終わってしまっているために、のんびりと流していました。 
モトエクスライド XR650R XR650RのI氏。
隙あらば林道に引きずりこもうと、ツーリングの途中でも狙っていました。次は、林道に行きましょう。待っててください。 
モトエクスライド KTM660SMC 私の660SMCです。
まだまだ扱いきれていません。
走行会なんかは、必ず参加しようと思っていますので、参加したい方はぜひ一緒に楽しみましょう。  
モタード車はこの4台で、あとはスーパースポーツとレプリカが4台程の予定でしたが、東大阪のAUTO LOOSEのお客さまの団体に合流参加することになりました。 
モトエクスライド アプリリア フツーラ このアプリリアのK氏が今回のツーリング企画者です。
この人の人望が厚く、あっと言う間に参加台数が増えました。 
モトエクスライド アプリリアRS このアプリリアもカッコいいですね。
しかも美しいですね。 
モトエクスライド カワサキZ1000 Z1000の方も流石にTIサーキットをバリバリと走っているだけあってとても元気な方です。 
つきがせ看板 昼に奈良のつきがせに到着。
ここまでの道は、奈良市内を抜けたあとは、対向2車線ですが信号もなく気持ちのよい道でした。
そこそこのハイペースでのワインディングでは、リッタースーパースポーツと走行しても気持ちよく楽しめました。 
モトエクスライド GSXR1000 AUTO LOOSEのお客さんでこの他にスーパースポーツの方が5台ぐらいいらしていて、ここに来るまでのコンビニで合流しました。写ってない方ごめんなさい。 
モトエクスライド カワサキ10R  奥までずらりとリッタースーパースポーツです。 
モトエクスライド コーナー つきがせから少し戻った所で、こんな感じで遊べる道がありました。後ろのCBR1000RRの方は、ある場所で有名な方だそうです。
迫力ありました。 
 
意味のない直線ドリフトです、でも楽しい!。
  でもこのM君が最後までエンドレスかのように、一番楽しそうに走っていました。 
今回のツーリングでの感想ですが、
モタードバイクで若干タイトなワインディングでは、リッタースーパースポーツより見通しがよく軽量なので非常に楽に思えますが、タイトコーナでのブレーキング時に車間距離を取って置かないと、前を走るリッターバイクのブレーキングポイントが違うために車間が詰まるパターンが多いので気を付けなければなりません。

ストレートが長い所をDR-Z400SMやXR400Rなどでは、付いて行くのがかなり厳しいですが、600ccもあるようなモタードバイクなら、高速道路でもない限り問題なく付いて行けそうです。
軽快な小排気量なモタードバイクか、高速まで伸びる大排気量モタードバイクがいいか、選ぶ時は悩みどころかもしれません。
軽くて大排気量なモタードバイクが一番よいのでしょうが、どうしてもその場合はコンペモデルになってしまうのが残念です。
しかし重いとはいえ私の660は、装備重量で140Kgほどなので一般道では他のロードモデルのバイクよりは軽量なので、今回のようなツーリングでは非常に楽に走れました。

では、ワインディングを攻めるような走りをした時は(常識的な範囲です)、曲率の大きなコーナーで、モタードバイクの軽量さとライディング自由度を生かしてスピードを乗せたコーナーリングが楽しいか、そこはスーパースポーツの安定感とパワーを生かした豪快なコーナーリングが楽しいか好みだと思います。

タイトな曲率のコーナーでは、直線から短い距離で減速しそのままクルリと旋回するパターンが、非常に楽で安全なモタードバイクの楽しさは満足感が高いでしょう。これは一般的なワインディングに一番多いパターンだと思います。

好みの問題で、リッタースーパースポーツはリッタースーパースポーツの楽しさがある事は否定しません。
ただ、こんな面白いモタードバイクは乗ってみなければ損だと、今回のツーリングであらためて思いました。 
一番上へ
XR400R 名阪Eコース テスト走行 2006.1.21 
XR400RのオーナーのS氏と、慣らしの終わった状態でのセッティング等の仕上り確認に行ってきました。天気予報では雪だったのですが、雪は降らず寒いながらもまずまずの天候でした。
モトエクスライド 名阪スポーツランド写真
名阪スポーツランドまでモトエクスライドから、約1時間程で到着しました。
こんなに近いなら、もっと頻繁に来なければ損ですね。
モトエクスライド xr400s氏写真
S氏です。町で出会っても石など投げないで下さいね。
この人も私と同じで、タイムよりとにかくドリフトをカッコよく決めたい派で、
その上でタイムも良ければ尚いいけどねと言う人です。
モトエクスライド xr400ザグ前写真
モトエクスライド xr400ザグ後写真
まずRサスペンションのザグを確認しました。空車時から乗車時で60mm程で車体の姿勢も良い感じなのでOKとしました。ストリートでのキャブセッティング、ダンピング設定のままスタートです。
モトエクスライド xr400走行写真
すみません、デジカメの電池切れでドリフトの写真が撮れませんでした。ドリフト中のリア車体の安定感は文句なしのようですが、そのままバンクして旋回する向き換えへの移行が今後のセッティングの課題となりました。
若干フロントサスがつっぱているようで、フロントがインに入って行かないようです。
エンジン等は絶好調のようです。とにかく気温も低くタイヤも怪しい状態でライディングも無理出来ないので、今日はひたすら気分よくドリフトを楽しんでもらう事にしました。
しかし、見てるだけは辛いですね、興味のある人は、私と一緒に遊びに行きましょう!
モトエクスライド yz写真
モトエクスライド yz走行写真
この寒い中一番のりで来ていたモトクロスライダーのYZ250Fさん。
モタードは始めたばかりだそうですけど、流石です、うまい人でした。
このYZ250Fに少し試乗させてもらったのですが、流石にレーサーで、サスはノーマルで17インチホイルを組んだだけらしいのですが、調整範囲が広く、ものすごく車体も軽く、 しかも安定性抜群でした。250なのにパワーも文句なしにあり、レスポンスも抜群で更にスリッパークラッチを組み込んでありました。
250ならバックトルクも少なく、スリッパークラッチなんか必要ないと今まで思っていましたが、この車両に試乗してみて私が間違っている事が分かりました。

最高です。

簡単に安全にドリフトできます。ものすごく安定してます。ドリフトしながら簡単に車体を振り回せます。
ハンクラがヘタになるから意地でもつけるまいと思っていたのですが、撤回します。
欲しいです!スリッパークラッチ。できれば250レーサーも!
モトエクスライド フサベル写真
このフサベルの方も私たちと同じくらいに到着されました。
すみません、この方の走行写真も電池切れでありません。
まだサスペンションのセッティングをされていないらしいのですが、このハイパワー車をスムーズに何気なく速く走らせていました。
これでセッティングが決まったら、この方はそうとうに速いライダーだろうなと、ライディングを見てて思いました。
今回は、雪の予報が出ていたのですが予報がはずれて、あわてて準備が整わないまま出発してしまったので、こんな中途半端なレポートになってしまいました。
次回は、しっかりしたものをアップします。ご期待下さい。
一番上へ
モタードフォーミュラーデモストレーション/猪名川サーキット2005年11月20日(日)
モタードフォーミュラーデモ 写真 モタードフォーミュラーデモ 写真
モタードフォミュラーデモ 写真
モタードフォーミュラーデモ 写真 モタードフォーミュラーデモ写真
乗っている本人はフルバンクのつもりです。小さい車体なのでより丁寧な操作が要求されます。
一番上へ
徳島カートランド走行会
一番上へ
ホーム